テレビが死んだ

こちら、梅雨明け宣言されてからというもの

毎日、毎日陽は射さず、雨や曇りばっかり

加えてここ2〜3日は台風の影響で庭の草取りもできなかった。

夜は雨の中でも必死の声で虫が鳴いています。夏は終わったかも・・・・?

今日も肌寒いので長袖着てます。

厳しい暑さがチョット恋しい・・・

そんな中、テレビが死にました。

点けた途端 勝手に消えて、音声も次第に途絶えた

一応メーカーに問い合わせたら中の基盤が壊れてるかもしれないとの事

買ってから7年半、大地震で一度転げ落ちた過去もあります。

修理してもそろそろ寿命だと思い買い換えることにしました。

近くに出来たKSデンキに行って

「一番安いテレビください」と、言うと

なんと1万9千円のテレビを紹介された

「なんでこんなに安いの」というと

店員は「これです」といって

液晶画面の微かなかすり傷のようなものを指し示したが

ほとんど気にも止まらないような傷だった。

私はよっぽどこのテレビが買いたかったけど

サイズが32V

テーシュに今までの40v以上でないと・・・・と、言われていたので

あきらめて普通の40Vのモノを買った。

帰る道すがらなんとなく1万9千円があきらめきれない思いだった。

新しいテレビは土曜の午後にならないと取り付けてもらえません

テレビのない生活はなんとなく寂しいものです。

仕方ないので夜は読書。

■10日も厳しい暑さ・急な強い雨に注意

(日本気象協会 - 08月10日 07:02)

広告を非表示にする